FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイレクトマーケティングフェア2009 講演① 楽天黒坂氏

10/9(金)に「ダイレクトマーケティングフェア2009」というイベントに行き、
2つセッションを聞いてきたので聞いた内容をまとめてみたい。今日はまず1つ目。

1)楽天市場の成長戦略と今後の戦略(楽天 執行役員 楽天市場事業 黒坂 三重 氏)


1)数字で見る楽天
・1975年5月 13店/月額32万からスタート
・インターネットに銀座4丁目を作る、ネットショッピングは究極の対面販売
・2009年10月現在で
   店舗数:3万、商品:4000万、流通総額:7300億、会員数:5800万人
   (店舗数はコンビニ大手3社の合計より上、売上はそごう5000億より上)

・  注文件数:8900万件、トップページPV:490万PV/日、全体ユニークユーザ:360万/日
   (1日の乗降者数世界一が新宿364万人)
   メルマガ配信本数:4200本、54.6億通(2008年度)
   最大読者の楽天市場ニュースは1000万通

2)直近の注力領域
・RMS:在庫連携機能強化
・楽天大学 eLearning化
・地方店舗開拓
 支社が13社目
・明日楽
 正午までの注文で翌日配達、届かない場合はポイント5倍
・まち楽
 地域活性化、自治体とタイアップ。
・3人称マーケティング
 レビューの積極活用。レビュー件数3000万件
・海外販売
 131カ国から受注(2008年6月から)
 流通 500万/日から 1億円/日へ成長 平均毎月19.7%成長
 レディース・メンズファッション、おもちや、ゲーム、キャラクターなどが主軸
 邦人41%、邦人以外:59%
 アメリカ、オーストラリア→邦人多い
 香港、中国→現地人が多い(日本の商材を欲している)

3)今後に向けて
・まだ成長余地あり(EC化率で米国が3.6%に対して日本は1.45%)
・楽天会員5800万人のうち、ユニーク購入者は770万人(4~6月)
・各ジャンルでNo1戦略

●所感
こういう場所で話すようになったのは最近とのこと。全てに王者の余裕を感じさせる。
EC市場を余すところなく食いつくさんばかりのグリードな印象。改めてパワーな差を見せつけられた。
一方でネット人口のほとんどを会員化した現状を考えると、UUが頭打ちになるであろう危機感は
大きいらしく、新規セグメントの発掘とレビューなどによるコンバージョン向上というまさに王道だ。

ちなみに黒崎氏は先日の東洋経済のamazon特集の際も登場していた。
スポークスマンとして露出を彼女に集めていくPR戦略なのだろうか。
あと随所に野球の話を出していた。やはり一般の認知度は野球への参入で大きく変わったのだろう。


・・2コマ目はまた次回に。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

中野康雄

Author:中野康雄
@yasuoyasuo
ECモール事業サービス・システム担当Mgr.
最初の一歩と最後の一歩、何事も清濁併せのむが信条。
映画にロマンと人間の真理を、プロレスにプロフェッショナリズムを見出す36歳(1974年生まれ)
子育て教育環境のイノベーションが日本を救うと信じている。

twitter
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。