FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある実演販売員の物語

激しくウォルマートなアメリカ小売業ブログより

【伝説の商人】、智恵を残してお金は残さず!ツイッターでない「つぶやき」で集客する?


後ろの人が何をやっているのか分からないほど人で溢れても、彼は座って実演販売を続ける。前にいる見物客に「もうちょっと前に来て。お金はいいから、見てみて」と彼はささやく。さらに前かがみになったお客に彼は「このピーラーはスイス製で、とても精巧なものですよ。これがたったの5ドル。ほかではスイス製品を5ドルで買えませんよ」と話す。女性は慌てて財布からお金をだしたものの、彼はそれを見ようとせず「一生モノなのだから、4つ買いなさい」と畳みかける。5ドル紙幣を財布に戻そうとした女性に「お友達は4人いるでしょう?だから4つ必要ですよ」と彼は目を合わせて語る。すると、その女性はなんと4つ購入したのだ。彼が箱からピーラーを取り出そうとする前に、他の見物客がお買い上げになるほどバカ売れとなった!



売るものや売る場所、売る相手が変わっても、共通の「売れる理由」がある気がする。路上販売もECも本質的には同じ気がする。まず興味を惹き、人だかりができ、そこに人が集まる。コンバージョンはスイス製で5ドルという決め台詞と売主のハートか。1個しかいらないお客に理由をつけて複数個を買ってもらい客単価を上げる努力も欠かさない・・・
まさに商売でやるべきことの全てが詰まっている。

▼▲▼

最後のこのセリフも何気に気持ちいい。


好きなことをやることではなくて、やっていることを好きになることが幸せの秘訣だと思いますよ



この言葉で楽になれる人結構いるかもしれない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

中野康雄

Author:中野康雄
@yasuoyasuo
ECモール事業サービス・システム担当Mgr.
最初の一歩と最後の一歩、何事も清濁併せのむが信条。
映画にロマンと人間の真理を、プロレスにプロフェッショナリズムを見出す36歳(1974年生まれ)
子育て教育環境のイノベーションが日本を救うと信じている。

twitter
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。