FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突き詰めた本質こそが人を動かす~「イシューからはじめよ」(安宅和人:著)

自分自身のイシューを見定められているだろうかと思わず自問自答してしまう。

イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」
(2010/11/24)
安宅和人

商品詳細を見る


どこかのブログで見つけた本。この手のものはもう手に取るまいと思っていたのだが、脳科学→マッキンゼー→ヤフーという著者のキャリアが気になり、アマゾンのページで少し「立ち読み」したときにこの一節にハッとして、読んでみることに。

「バリューのある仕事とは何か?」僕の理解では、「バリューの本質」は2つの軸から成り立っている。ひとつめが、「イシュー度」であり、2つめが「解の質」だ。(中略)僕の考える「イシュー度」とは「自分のおかれた局面でこの問題に答えを出す必要性の高さ」、そして「解の質」とは「そのイシューに対してどこまで明確に答えを出せているかの度合い」となる。


本当にその仕事はやる意味があるのか?徹底的に自問自答せよと。時間を投下するに値し、かつ実際に問題解決が技術的に可能と思われるぎりぎりのラインを狙え、ということである。(決して単純なより好みを推奨しているわけではない)

以降内容は問題解決のアプローチに対する王道的解説。マッキンゼーで新人教育も担当されていたようで、具体的で丁寧な説明。特に成果物にすることを意識した点が印象的。あと事業戦略立案に向けたシンプルなアプローチ例は自身の苦労もあり参考になる。とにかく最初から最後まで「イシューは何か?」に徹底的にこだわり続けた内容である。メッセージ的には元BCGの内田氏の論点思考に通じるものがあり、こちらのほうが読み口は優しい。ただ問題解決に向けた具体性という意味ではこの本が圧倒的である。

全体を通し、著者が言いたいことは「序章」にあるこの言葉に集約されているのではないかと思う。

一人の科学者の一生の研究時間なんてごく限られている。研究テーマなんてごまんとある。ちょっと面白いなという程度でテーマを選んでいたら、本当に大切なことをやるひまがないうちに一生が終わってしまうんですよ。(利根川進)


人も企業もいろいろ突き詰めていくと、最終的なイシューは何か?ということになる。貪欲に何かを手に入れようとすればするほど、何かを犠牲にしてそこに全てをかけるのは自然の摂理。そうした姿に人は感動するのだ。
ザッポスにおける幸せの定義もしかり、「神々の山嶺」の羽生丈二が山にすべてをかける姿もしかり。人の心を動かしたり世の中に革新を生むには、混ざりけのないまでに突き詰めた本質的なイシューへのこだわりとその飽くなき追求、それしかない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

中野康雄

Author:中野康雄
@yasuoyasuo
ECモール事業サービス・システム担当Mgr.
最初の一歩と最後の一歩、何事も清濁併せのむが信条。
映画にロマンと人間の真理を、プロレスにプロフェッショナリズムを見出す36歳(1974年生まれ)
子育て教育環境のイノベーションが日本を救うと信じている。

twitter
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。