FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物事を前進させるために

マネージャーは前進させることが仕事。物事を前に進めるためには以下の考え方が必要。

1.ビフォーアフター志向
「自分が何をやるか」ではなく「自分が関わったことで何を変化させるか?」
「何を言ったか?」ではなく、「相手が何か一つでも変わることがあったか?」

2.成果志向
プロセスは実行⇔判断→決断→(実行)という構成で成り立つ
成果=実行、判断、決断の1つでも進展、変化すること

3.判断提供志向
2つの判断提供
・実行支援:メンバーが自ら考え、行動できるための気づき・考えの提供
・決断支援:決断できるための材料(考えた結果)の提供

4.客観志向
「自分から離れて考える」「自分に囚われすぎない」
自分モード:相手を変える→相手の問題追及→コンフリクト
客観モード:自分も変わる→解決策の幅が広がる

5.コンテクスト志向
①内容だけでなく構造(その物事の枠組み、位置づけ)を捉えようとする
②内容・中身と、そうではない部分とを分解する
・背景、経緯、行間を理解する
・装飾にごまかされない

参考:
プロフェッショナルマネジャーになる50の技法―「前進」「機能化」「立案」「解決」の4つの技法で『プロマネ』のツボを攻略する (アスカビジネス)プロフェッショナルマネジャーになる50の技法―「前進」「機能化」「立案」「解決」の4つの技法で『プロマネ』のツボを攻略する (アスカビジネス)
(2006/05)
前田 隆敏

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

中野康雄

Author:中野康雄
@yasuoyasuo
ECモール事業サービス・システム担当Mgr.
最初の一歩と最後の一歩、何事も清濁併せのむが信条。
映画にロマンと人間の真理を、プロレスにプロフェッショナリズムを見出す36歳(1974年生まれ)
子育て教育環境のイノベーションが日本を救うと信じている。

twitter
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。